乗ったっていいじゃない・・・。サーファーだもの・・・。

サーファーがサーフィン中にムカつく事やあるある体験集!

2019/01/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんはサーフィン中にムカついたことってありますか?

 

っていうかムカついたことないって人はおそらくいませんよね?w

 

職業、年齢、性別、価値観の違う人が同じ海に入って、波を取り合うわけですから当然摩擦が生じたりして”ムカつく”という感情が生まれることが多いです。

 

また、相手に自覚が全くない状態で周りのサーファーをムカつかせている人も少なくありません。(僕も知らずにやっていそうですが)

 

今回はサーファーがサーフィン中に遭遇する”ムカつくあるある体験”について書いていこうと思います。

 

ちなみにあるあると言っても僕がサーフィン中にムカついたことがほとんどなんであまり深く考えないで読んで貰えればと思いますw

 

サーファーがサーフィン中にムカつく”あるある”な体験

いくら自分が楽しくサーフィンを楽しもうと思っていても、考え方が違う人達が一緒のフィールドで行うサーフィンではムカついてしまう事が多々あります。

 

ではサーファーが一度は出会ったことがあるであろう”ムカつくあるある”を早速見ていきましょう!

 

 

・波待ちしている真ん前、真後ろで波待ち

波待ちしている自分の後ろや前で平気で波待ちするサーファーって結構多いです。

 

嫌がらせかな?と感じたりするんですが、観察してみると周りの状況を把握しない(出来ない?)サーファーに多い行動のような気がします。

 

悪気はあまり無いけど”そこまで考えが及ばない”のかも知れません。

 

真ん前は言うまでもなく邪魔だし、真後ろも結構気になって嫌ですね~。

 

この手のサーファーの近くにいると”ムカつく”ので自分から離れた方が良いでしょう。

 

関連:サーフィンの波待ちの位置や姿勢は?方向転換のコツやルールも

 

 

・混んでいなくてもなぜか近くで波待ち

混雑していれば波待ちする間隔が近くてもしょうがないんですが、たまに混雑していなくても”近くで波待ちするサーファー”っていますよね?

 

他人に近寄られると不快になる空間を”パーソナルスペース”と呼ぶようですが、そのスペースの狭さに毎回驚愕させられますw(近くても不快にならないんでしょうね)

 

近づいてくる事にムカつきますが、体がくっついて合体してしまう前に自分から距離をとりましょうw

 

 

・金魚の○ン

何故か自分の後をくっついてくる人もいますよね。

 

あまりにくっついて来るので、パドリングをやめて先に行かせようとすると”そのサーファーも何故か一緒にパドリングを中断”しますw

 

その姿はまさしく金魚のフ○そのもの!

 

ついてこないでくれますか?

 

 

・ギリギリをパドリングしてくるサーファー

パドリングして移動するサーファーの中には”ボードがぶつかるんじゃないか”ってくらい近くを通過していくサーファーがいます。

 

距離をとれる十分なスペースあるのになんでそんなに攻めてくる?と激しく心の中でツッコむ僕。

 

傾向としては”ローカルぶった”おっさんサーファーやおばさんボディボーダーがこの行動をとる気がします。

 

関連:サーフィン初心者がローカルに注意すべきルールやマナーまとめ

 

少し前にこの状況になり「近っ!!」と思わず口から出てしまいました。(本当に思わず出たって感じw)

 

接近している為そのサーファーには当然聞こえたようで、しばらく僕を睨んできましたが、人に勝手に近寄るは睨むはでタチが悪過ぎです。

 

めっちゃ近くで波待ちしてくるサーファーと同じでパーソナルスペースの範囲が狭すぎる事にとてもビックリさせられます。

 

※地域の海のために活動してくれているローカルサーファーはリスペクトしています。

 

 

・仲間がいると気が大きくなるサーファー

仲間がいると頼もしいし安心もしますよね。

 

その気持ちはすごい分かりますが、仲間と一緒になると人格が変わる人もよく見かけます。

 

普段”1人で入っているときは大人しい”のに仲間がいると”オラオラ系”に大変身

 

でかい声で喋りだすし波にもガッツくし、目つきもなんか”ギロリ”的な感じになるし、もはや別人ですw

 

 

・広いビーチで同じポイントに入水してくるサーファー

広いビーチであちこちで波が割れているのに”わざわざ近くに入水してくるサーファー”っていませんか?

 

少し離れればお互い波を取り合うことも無いのになぜこんな近くにくるの!?w

 

この手のサーファーの心理って何なんでしょうか?

 

まさか寂しいとか?w

 

そして時間の経過と共に”類は友を呼ぶ”的な感じで、同じ場所に次々とサーファーが集まってくるというのはなんとも不思議ですw

 

みんな!周りを見なよ!波はほかにもあるよ!バラけようよ!

 

関連:サーフィン初心者が練習場所を選ぶコツは?上達スピードは時間帯や時期でも変わる?

 

 

・波を譲っても乗らないサーファー

一生懸命波を追いかけて、同じ波にパドルしてくるサーファーに波を譲ることがありますが、その譲った波を途中で諦めて乗らないサーファーがいます。

 

乗らないのならなんで競ってくるの?って感じです。(怒)

 

みんな波に乗りたくてウズウズしているのに波を逃すのは非常にもったいないです。

 

譲られたチャンスを活かさないと周りのサーファーも二度と波を譲ってくれません。

 

関連:サーフィンの波の取り合いで勝つためのコツやポイントは?置いていかれる原因と対処法

 

 

・ライディングのライン上から避けないサーファー

ライディングのライン状をノロノロと移動している人がいますが、何を考えているのでしょうか?

 

怪我が無いようにライディングしているサーファーの方が避けている光景をよく目にしますが、邪魔している方はなぜ避ける動作すらしないの?

 

これも”ローカルぶった”おじさんサーファーやおばさんボディボーダーに多い気がしますね。

 

自分がやられたら”粘着質全開で怒り狂う”のに、自分以外のサーファーには平気でこのような行動をしてくる神経が理解できません。

 

自分をローカルサーファーだと思いこんで作られた変なプライドが邪魔をして避けられないのでしょうか?

 

※地域の海のために活動してくれているローカルサーファーはリスペクトしています。(再度、誤解がないようにw)

 

 

・周りを見ないでボードを投げるサーファー

波が来たときにドルフィンをしないでボードをぶん投げるサーファーがいます。

 

初心者サーファーやロングボーダーがほとんどですが、これを目の前でやられたらたまったもんじゃありません。

 

危険だし、ビビるし、めっちゃムカつきますw

 

ボードを投げるなら周りを確認してからにしてほしいですよ本当。

 

もし確認する余裕も無いなら練習する波のサイズを見直した方が良いです。(周りが危険ですよ!)

 

関連:サーフィン初心者の練習におすすめの波の高さは? サイズの種類と選び方のコツも!

 

 

・威嚇してくるサーファー

謎にみんなを威嚇しながらサーフィンしているサーファーっていますよね。

 

あっちこっち睨んでいたり1人でイライラしていたりと、謎に不機嫌で非常に怖いですw

 

”話せば意外にいいヤツの場合も多い”んでしょうが、根っからそういう人の可能性もあるので離れましょうw

 

 

・駐車場でノロノロと仲間を探す

海の中ではなく駐車場の話ですが、駐車場の空きではなく仲間を探して渋滞を作るサーファーもよく見かけます。

 

そんなに仲間と話したいなら駐車してからにすればいいのに。

 

しかも、ノロノロ走って渋滞作ったあげく、”仲間見つけたら道塞いで話しを始める異常な自己中思考”にムカつくのは僕だけでは無いはず。

 

サーファーって常識的な人も多いけど、実際にはこういう人も多いのも事実です。

 

そういう人がフォーカスされて”サーファー=民度が低い”みたいな世間の認識にもちょっと納得できてしまい、若干悲しくなりますね。

 

 

・グーフィー波にもレギュラー方向にテイクオフ

あきらかにグーフィー方向のポジションにいるのに、”無理矢理レギュラー方向に突っ込んでくるサーファー”も結構います。

 

”レギュラー方向とグーフィー方向に別れればお互い楽しんで乗れる”のに、無理矢理レギュラー方向に乗ってくるからレギュラーポジションにいた人は乗るのを諦めるしかありません。(前乗りにはならないと思うけど因縁つける人もいますから)

 

でも、結局スープに捕まったり、パーリングしたのを目にすると「なんでこっちに無理やり乗ってきた!?」と怒りが湧くのは言うまでもありません。

 

関連:サーフィンのルールの前乗りの意味は?喧嘩やクラッシュの動画も

 

関連:サーフィンでパーリングする原因や克服するコツまとめ!怪我を防ぐ方法も

 

 

・奇声を発しているサーファー

テンションが上がりすぎて「フォー!!」とか「フー!!」とか奇声を発しているサーファーっていますよね。

 

テンション上がるのは分かるんですが、腰や腹ぐらいのサイズで騒がれるとちょっとイライラしてきますw

 

ていうか、「この人波のサイズがもっと上がるとどうなっちゃうの?」と多少心配になります。(サイズが上がると海に入らないんでしょうが)

 

ちなみにその手のサーファーが騒ぐときは1人ではなく決まって周りに”仲間”がいますw(基本1人のときは大人しい)

 

 

まとめ

以上、サーフィン中のムカつくあるあるなことについて書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

あるあるというよりほぼ”僕がムカついたことや愚痴がほとんど”ですので、実際皆さんの周りで起こっている事かは分かりませんw

 

ただ、実際にこのような行動によって嫌な気持ちになっているサーファーもいるので、僕らもその一員にならないように気をつけないといけませんね。

 

今回記事を書きながら改めて気をつけようと思いました。

 

あ~、書いたらスッキリした!w

 

 

ではでは今日もファンウェーブ期待して!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なみにのるひと , 2018 All Rights Reserved.