乗ったっていいじゃない・・・。サーファーだもの・・・。

サーフィン初心者が中古ボードを買うメリットは?オススメの種類や長さも

2019/01/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「今年こそサーフィンに挑戦して自分を変えよう!」

 

そのように毎年サーフィンに挑戦したいと思っている人は多いと思います。

 

でも始めようと思っていても”何から初めて良いかわからない”ですよね。

 

で、結局今年もサーフィンへの挑戦を諦めてしまうということになっていませんか?

 

その諦めの原因となる一つに”サーフボード選び”があるのではないでしょうか?

 

これからサーフィンを始めようとしている人の多くはサーフボードを探そうググります。

 

ですが、実際に調べてみると種類や大きさがいっぱいあるので困惑してしまいます。

 

そもそも初心者にとってどのようなサーフボードが良いか分からないですよね。

 

サーフショップに行けば説明してくれるし、身長や体重、スタイルなどを考えて提案はしてくれるので簡単です。

 

まるっきりの初心者がサーフィンを始めるなら、サーフショップでのスクールや体験から始めるのがベストだと思います。

 

ですが、どうしてもサーフショップは活用したくない人もいるでしょう。

 

ということで、今回はサーフボード選びに迷っているあなたのお手伝いするための記事を書いてみました。

 

個人的な意見や経験に基づいて書いていきたいと思います。

 

是非ボード選びの参考にして最高のサーフィンライフのスタートを切ってください。

 

 

サーフボードの種類と長さ

サーフボードにはいくつかの種類が存在しており、初心者には聞き馴染みのないものもあります。

 

例えば、”大波に乗るためのガン”や”乗りこなしが難しいレトロフィッシュ”と呼ばれるボードもあります。

 

しかし、今回はそれらのボードを一旦無視して主要なボードを紹介していきます。(初心者は乗る機会が無いので)

 

サーフィンをこれから始めたいという人にオススメするのは、下のお借りした画像のオーソドックスな3つのサーフボードです。

引用:中古サーフボード通販ニックサーフマーケット様

 

ーフボードを選ぶ際は、自分が”どのようなスタイルでサーフィンをしたいか”を思い浮かべて見ることが大事です。

 

”大きいボードでゆったりとサーフィンしたいのか”

 

”小さいボードで波を切り刻むようにして波に乗りたいのか”

 

”月に1、2回ほど海で楽しめれば良いのか”

 

などなど、このような違いでサーフボードの選び方はかなり違ってきます。

 

ではどのようなサーフボードがあるのか早速見ていきましょう。

 

 

ロングボード

よくアロハな海の有名ビーチで老若男女がニコニコして乗ってたり、タンデム(二人乗り)して乗っているサーフボードですね。

 

関連:ワイキキビーチのサーフィンレッスンでおすすめはどこ?スクール体験の注意点も

 

上の画像で言うと1番右のサーフボードですね。

 

 

ロングボードは見ての通りボードが長く厚いため浮力が大きいです。

 

そのためバランスが取りやすく初心者でも波に乗りやすいのが特徴です。

 

一般的にサイズが”9フィート”(約270cm)以上のサーフボードがロングボードと呼ばれています。

 

ちなみに、1フィートは30.48cmですので約30cmと覚えておいても良いかもしれません。

 

ボードが大きくて安定しているので、ボードの上に立つだけなら割とすぐ出来てしまいます。

 

しっかりしたレクチャーを受けて挑戦すれば、上手い人なら1、2時間で立てるのではないでしょうか。(個人差はありますが)

 

それを考えると老若男女問わずみんなが楽しめるサーフボードです。

 

とくに体力のない女性や年配の人におすすめのサーフボードです。

 

ただし、ボードがでかいので乗った後のコントロールがとにかく難しいです。

 

僕も知人のロングボードを借りて乗ったんですが、船に乗っている感じで全然コントロール出来ませんでした。(汗)

 

コントロールが難しいので、人が多い海でサーフィンをする場合には周囲に十分に気を付けないといけません。

 

上級者になればロングボードでもターンしながら乗ることが可能ですが、初心者の内は人が少ない海で練習した方が良いですね。

 

ロングボードはテイクオフしやすい反面、ボードの取り回しが難しいですね。

 

 

・ファンボード

ショートボードとロングボードの中間のサイズのサーフボードがファンボードです。

 

画像で言うと真ん中のサーフボードです。

 

恐らくネットでもサーフショップでも初心者に1番勧められているサーフボードです。

 

ファンボードを簡単に説明すると”ショートボードより浮力があり””ロングボードよりも機動性がある”ボードです。

 

逆にいえば、”ショートボードより機動力がなく””ロングボードより浮力が無い”とも言えますね。

 

ショートボードに乗りたい人は多いですが、いきなりショートボードを乗ると難しくて挫折する人が多いです。

 

なのでショートボードよりは安定性のあるファンボードでまずは波に乗る感覚を覚えようということですね。

 

そのような考えで、ネットやサーフショップでも”サーフィン入門ボード”として紹介されていますね。

 

 

ファンボードの一般的な長さの定義はないようです。

 

ざっくりですが、”7フィート~8フィート”前後(約210cm~240cm前後)がファンボードと呼ばれていますね。

 

先程紹介したロングボードよりも短くなっています。

 

ショートボードがやりたいけど”とにかく波に乗る感覚を早く味わいたい人”にオススメのサーフボードと言えますね。

 

ロングボードは大きすぎて保管や持ち運びが出来ないって人にも良いかもしれません。

 

多少上達してくると”ファンボードの中途半端さ”が逆に乗りにくくなると言った意見もチラホラあります。

 

僕の知人の女性サーファーもファンボードをずっと乗っていたんですが、結局乗りづらくなったらしくロングボードに転向していました。

 

もちろん、乗りやすい乗りにくいは個人差があるので参考にはならない情報かもしれません。

 

ですが、そのようなケースも有るということも頭に入れておいた方が良いかもしれません。

 

また、個人的には後々ショートボードに移行するのであれば、早めに乗り換えた方が良いと感じます。

 

理由は、あまりファンボードの浮力やデカさに慣れすぎるとショートボードへの移行が難しくなる可能性があるからです。

 

ショートボードに移行して結局乗れずにファンボードやロングボードに戻ってしまったら、時間もお金ももったいないですからね。

 

もちろんファンボードが楽しくなったらそのまま乗っていてもOKです。

 

結局サーフィンは楽しんだもん勝ちですので!

 

 

ショートボード

ショートボードは速く激しいアクションが魅力のサーフボードです。

 

画像で言うと1番左の短いサーフボードです。

 

上達すると波をバッサバッサ斬るようなカッコいいライディングが可能になります。

 

オリンピックの競技に選ばれたことでも非常に話題になりましたね~。

 

 

ショートボードは乗っていてとても気持ちが良いし何よりかっこいいです。

 

しかし、ボードの長さも浮力も小さいのでバランスが非常に取りづらいため難易度が高いサーフボードです。

 

ですので、初心者がいきなりショートボードに挑戦してもほぼ乗れることはないでしょう。

 

ショートボードにまともに乗れるようになるにはかなり根気と時間と体力が必要になってきます。

 

冗談抜きで本当に乗れませんw

 

ショートボードを始めて1、2年の間は海に行っても乗れない日が続くと思っていたほうが良いかもしれません。

 

あれ?今日何しに海に来たんだっけ?と錯覚することもしばしば。(浮いてるだけで終わってしまう)

 

ですが、ショートボードに慣れて乗れるようになってくると、爽快感が半端なくとても楽しいものになります。

 

長さは”5フィート~7フィート弱”(約150cm~200cmくらい)と短く、ボードの厚さも薄いです。

 

なので、当然ロングボードやファンボードに比べると安定感が全然ありません。

 

そのためなのか、ショートボードから始めた初心者が早々に挫折していく事が非常に多いです。(汗)

 

残念なことに僕の知り合いや友達でも挫折して海に来なくなる事が多かったですね。

 

関連:サーフィンがつまらないのは難しいから?初心者の挫折率が高い理由と続ける方法は?

 

ただ、最初に苦しい思いをしただけに、

 

ショートボードで波の斜面を滑れた時の”嬉しさや爽快感はとてつもなく大きい”です。

 

難しいけど乗れるようになるとそのスピード感は最高です。

 

上述したサーフボードより運動量も多くなりがちなので、続けることによってダイエットの効果も期待できるのもポイントです。

 

個人的にはオススメなんですが、初心者の人からすると難しく感じてしまう可能性は高そうです。

 

関連:サーフィンのダイエット効果や消費カロリーは?痩せるための食事法やトレーニングも

 

サーフィン初心者が中古ボードを買うメリットは?


さて、自分がどのようにサーフィンをしたいかイメージ出来ましたか?

 

自分の波乗りイメージが決まったらいよいよサーフボードを買いましょう!

 

「どうせ始めるんだったら新品を買いたい!」

 

なんて思うかもしれませんが、個人的には”ヤフオク”とか”大手リサイクルショップ”に並んであるモノの中から選んでも良いと思っています。

 

ヤフオクの場合は現物が見れないのと送料が購入者持ちなので、場合によっては高くついてしまうケースも考えられます。(恐らくショートボードで送料5000円前後)

 

なので、近くに大手リサイクルショップがある人は実物を見ながら選ぶのが良いかもしれません。

 

で、そもそもなぜ中古のサーフボードをオススメしているのかという理由について書きたいと思います。

 

 

ボードがすぐボロボロになる

初心者のうちはボードの取り扱いにとにかく慣れていません。

 

ですので、”あっちこっちにぶつけたり””波に巻かれて膝で穴を空けたり”と結構な勢いでサーフボードがボコボコになります。

 

そして、慣れない間はインサイド(浅瀬)での練習も多くなります。

 

その際、ボードが地面や石に擦れたりするので、ボードはすぐにボロボロです。

 

どうせすぐボロボロになるんだったら安いボードで良いと思いませんか?

 

少し乗れるようになって、ボードのコントロールも出来るようになってから好きなボードを買っても遅くはないですよ。

 

ボードがボロボロになっても良いように、最初は中古のサーフボードがオススメです。

 

 

値段が安く抑えられる


サーフボードを新品で買おうとすると値段も当然高くなります。

 

素材やブランド、ショートボードやロングボードなどでも値段が全然違いますが、

 

10万~20万という金額は余裕で必要になってきます。

 

自分にサーフィンが合わなくて挫折してしまったとしたら、相当もったいない買い物になってしまいます。

 

仮に10万のサーフボードでも5回で挫折したら1回2万円の割高サーフィンになってしまいます。(汗)

 

正直言って、続くかどうか分からないものに高額なお金は出したくないですよね?

 

それを考えると初心者のうちはお金がかからない中古のサーフボードが絶対に良いし、それで十分に練習出来ます。(僕も中古から始めました)

 

それに、サーフィンを始めるにはサーフボードのほかにも揃えないといけないものがあるのも忘れてはいけません。

 

海に入る時に着用する”ウェットスーツ”やボードと足を繋ぐ”リーシュコード”、ボードに塗る滑り止めの”ワックス”などは最低限必要です。

 

サーフボードも新品で買うとなると”デッキパッド”やサーフボードの裏につける”フィン”というものも買わないといけませんね。

 

このようにサーフィンを始めるにあたって最低限揃えるものが結構あります。

 

そのため最初からサーフボードに資金を投入すると、サーフィンを始めるまでの金額が莫大なものになってしまいます。(汗)

 

それを考えるとやはり中古のサーフボードを購入してまずはやってみるというのがオススメです。

 

ちなみに、初期費用にお金がかけられるのであれば、もちろん新品のサーフボードでも構いません。

 

資金が潤沢であれば、サーフショップに出向いて自分好みのサーフボード買うとモチベーションも上がりそうです。

 

一方で、お金に余裕がない人は”資金不足でほかの道具が買えない”状態になりかねないので注意が必要ですね。

 

※サーフィンの準備については下の記事にまとめていますんで参考にしてください。

 

参考:サーフィン初心者が始めにする準備やルールはなに?注意点と危険な行為まとめ

 

関連:サーフィンのリーシュコードが絡まないおすすめの方法と長さの選び方!寿命や切れた時の対処法

 

関連:サーフィン初心者にオススメのワックスと塗り方解説!

 

 

初心者には違いが分からない?

中古のサーフボードのメリットの話からちょっとずれますが、ここで言いたい事があります。

 

それは、

 

新品であろうと中古であろうとブランドであろうと無名であろうと、初心者には違いが分からないということです。

 

別に初心者の人をバカにしているわけではないので怒らないでくださいねw

 

でも、冗談抜きで違いなんて分からないですよ。

 

分かるとしたら浮力や大きさなどによる安定感ぐらいでしょうか。

 

誤解を恐れず言うなら、”二歳児に一流シェフの料理を食べさせるようなもの”かもしれません。

 

なので、最初は本当に中古でも新品でも無名でも有名でも何でも良いんです。

 

それよりも、いかにサーフィンを続けていけるかにフォーカスした方が絶対に良いですよ。

 

ただ、どうしても新品がほしいという人は、ネットで売っている初心者セット的な物を購入すると良いかもしれません。

 

 

 

このセットだと迷う事がないですね!

 

サーフボードのほかに、サーフボードを入れるケース、リーシュコード、デッキパッド、ワックスなどがセットになっています。

 

このほかにウェットスーツやサーフィン用のバケツを用意すればサーフィンを始められます。

 

セットの内容を見たんですが、ワックスのベースコートという種類が付いていないかもしれません。

 

ワックスを塗る際に必要なので付いていない場合は別途買う必要がありますね。

 

ワックスについては別記事で書いていますので参考にしてください。

 

参考:サーフィンワックスの季節ごとの種類と選び方!注意点は?

 

 

初心者がサーフボードを選ぶ基準は?

ここまで読んでもやっぱりどの種類のボードが良いか決めかねてる人も多いはずです。

 

そこで、サーフボード選ぶ際のポイントについて書いていこうと思います。

 

 

海に通う頻度でサーフボードを選ぶ

決められない時に一つの指標にしたいのが”海に通う頻度”です。

 

例えばの話ですが、海に週1回行けるか行けないかの人がショートボードを始めてもちょっとキツイです。(うまくなりません)

 

体力的にも、技術的にも、まともに乗りこなすようになるまで”相当な年数”かかるのは避けられません。

 

下手すると永遠に初心者の域で終わる可能性もあります。

 

永遠に初心者だと当然中・上級者から波を取ることは出来ませんから絶対につまんないですw

 

つまんないと当然サーフィンを続けるのも辛くなってきますね。

 

せっかくサーフィンを始めたのに辞めてしまうのもったいないです。

 

ショートボードに挑戦するなら”最低でも週1回か2回”は海に入って練習したいところです。

 

あまり感覚が空いてしまうとテイクオフ(波に押されて立つ動作)の感覚やパドリングの筋肉がいつまでたっても付きません。

 

ですので、海になかなか行けない人は波を捕まえやすい”ロングボード””ファンボード”から始めるのがオススメです。

 

たまにしか海に行けなくても、波に乗れる確率はショートボードよりはかなり上昇します。

 

浮力も推進力あって体力や体幹の面も補えるので、初心者でも楽しめる可能性は十分にあります。

 

逆に”やる気も根性もあるしおまけに時間もある”という人もいると思います。(羨ましい)

 

そのような人はショートボードに挑戦すると良いと思います。

 

間隔をあけずに通うことで、ショートボードでも割りと早く乗れるようになる可能性はありますからね。

 

 

関連:サーフィンの波の取り合いで勝つためのコツやポイントは?置いていかれる原因と対処法

 

 

初心者にオススメの各ボードの長さは?


そのほかで初心者がボードを選ぶ際に困惑するのが”サーフボードの長さ”でしょう。

 

サーフボードのサイズには”フィート””インチ”、”リッター”などの明記があります。

 

ですが、最初はややこしいことは置いといて”初心者は初心者が乗りやすいボードを選ぶ”べきです。

 

初心者が乗りやすいサーフボードとは、以下の通りです。

 

 

・ボードに厚みがある


 

厚みがあるボードは浮力があるため安定感が増します。

 

浮力があると初心者でも波に乗りやすくなります。

 

ただ、波をかわすドルフィンスルーが非常にやりにくくなってしまうのが難点ではありますね。

 

 

・ボードの長さが長い


 

長さが長いと海面との接地面が増えて直進性が増します。

 

ですので初心者の人のパドリングでも前に進みやすくなります。(スピードが出やすい)

 

直進性が増すと細かいターンなどはやり辛くなります。

 

ですが最初はとにかくテイクオフを出来るようになるのが重要です。

 

 

・ボードの先があまり反り返っていないもの


 

ボードの反りの事を”ロッカー”と呼びます。

 

ロッカーが小さい反っていないボードは波の接地面が増えるため推進力が増します。

 

ロッカーが大きいと”鋭いターンがしやすい”、”サーフボードの先が海面に刺さりづらい”というメリットもあります。

 

ですが、ロッカー大きいとボードが走りづらいので、最初はやはり推進力重視でロッカーが小さいボードが良いですね。

 

はい。

 

というわけで、基本はこの事をベースにボードを選んで貰えれば大丈夫です。

 

この条件はショートボード、ファンボード、ロングボードの全てに当てはまります。

 

このようなボードを選ぶと波の上でも安定感もあるため、初心者でも波に押される感覚が付きやすく練習しやすいでしょう。

 

くれぐれも上級者が乗るような”薄くて短くてボードの先が反ったサーフボードは買わない”ようにして下さい。

 

とくにショートボードで上級者が乗るようなボードを最初から使うと、全然練習にもならず”高い確率で挫折”します。

 

挫折しないためにも乗りやすいボードを選ぶのが大切になりますね。

 

下記には各ボードの初心者に乗りやすそうなサイズを書いておきますので参考にしてみてください。

 

 

ファンボードを選ぶ時のオススメのサイズ


ファンボードを選ぶ人で、後々はショートボードかロングボードに移行するという人もいますよね。

 

そんな人がファンボードを選ぶ時は、次に乗るボードを

 

”ショートボードにするか”または”ロングボードにするか”

 

によって購入するサイズを決めると良いです。

 

そうする事によって、ボードを買い替えた時の乗り心地のギャップが比較的少なく、スムーズに移行しやすくなるでしょう。

 

ファンボードからロングボードに移行したいのならサーフボードの長さが7’4(223cm)前後のものを選ぶと良いかもしれません。

 

逆にショートボードに移行したいと考えているんであれば、長さ6’7(200cm)前後のサーフボードを選ぶと良いでしょう。

 

もちろんファンボードをずっと乗っていても良いです。

 

体力や筋力に自信がない人、安定感を求める人はロングボードに近いものを選ぶと良いですね。

 

でも、それだとロングボードを買ったほうが良いという気もするのが正直なところです。

 

 

ロングボードを選ぶ時のオススメのサイズ

ロングボードについては長さが9’0(274cm)あれば良いのではないかと思います。

 

ただ、ロングボードは大きいので、自分で抱えて移動できる範囲のものを選ぶようにした方が良いのです。

 

自分で抱えきれないサーフボードだと、パドリングする時も漕ぎにくくて大変です。

 

ですので、自分の体の大きさに合わせてサーフボードのサイズを前後させても良いかもしれません。

 

ちなみに、ロングボードもあまり反り返ってないものを選ぶと初速がつきやすいので初心者にはおすすめです。

 

 

ショートボードを選ぶ時のオススメのサイズ

ショートボードでオススメするサイズは、

 

・自分の身長+20cmぐらいの長さ

 

・幅が48cm程度、厚みが6cm程度

 

・ロッカーが小さいボード

 

です。

 

これはおおよその目安なので、これに近いサイズのものがあれば購入しても良いと思います。

 

先程も書いたように、ショートボードを選ぶ時はくれぐれも薄くて短いボードは選ばないように気を付けましょう。

 

上達の妨げや挫折の原因になりますので。

 

 

サイズの見方

初心者の人はサイズの見方がわかりませんよね。

 

ここではサイズの見方について簡単に説明したいと思います。

 

サーフボードのサイズはボードのボトム側(裏側)に書いてあるのがほとんどです。

 

リサイクルショップで買う場合はそれをみて購入するようにしてください。

 

ちょっと僕のボードで見てみましょう。

 

 

 

このボードではボードの裏の下の方に書いてあります。

 

アップで見てみましょう。

 

 

ちょっと見づらいですが、このような数字がボード裏に記載されています。

 

一見するとただの数字が並んでいるように見えます。

 

ですがこの数字がボードのサイズを表しています。

 

フィート(’)やインチ(”)で表記されていて左から順に、

 

長さ(フィート)×幅(インチ)×厚み(インチ)×容積(キュービック・リッター)と記載されています。

 

※ちなみにフィートやインチをcmにすると、

 

1インチ=2.54cm

1フィート=30.48cm

 

です。

 

このボードの場合だと、

 

5’8”(約173cm)×18.5”(約47.0cm)×2 1/8”(5.40cm)×23.11CL

 

となります。

 

もうこの時点で初心者の人は訳が分からないと思いますw

 

しかし、ボード選びに欠かせないので覚えて下さい。

 

長さの読み方はこのボードだと5’8は”ファイブ・エイト”と読みます。

 

5’11だと”ファイブ・イレブン”という事になります。

 

ちなみに、インチの数字が11を超えるとフィートの数字が上がり、5’11の次だと6’0(シックス)となりますね。

 

初心者の人はボードに記載されている長さの単位を確認して、その上で厚さが厚いものを選ぶと良いですよ。

 

そうすれば上級者用のボードに手を出してしまう心配も少なくなりますからね~。

 

慣れるまでサイズを読むのも難しいです。

 

サイズの見方をしっかり覚えてボード選びの参考にしましょう。

 

 

まとめ

細かく言えば種類はもっとあるんですけど、初めてサーフィンをするのだったら上記で説明した3つのボードから選ぶのがベターです。

 

ボードの長さや厚さ、幅など違いで成長のスピードも変わりますから上手に選びたいですね~。

 

ただ、あまり神経質になると、いつまでもサーフィンが始められないということにもなってしまいます。

 

まずは始めることが重要なので、ある程度は妥協して買ってしまうことも必要です。

 

ボード選びに迷っている人は、上述したように”自分の理想の波乗り姿をイメージする”ようにしてください。

 

スタイルが決まるとどのサーフボードにするかが自ずと絞り込まれてきますからね。

 

また、上述したように海に行ける頻度も関係してくるので、それも念頭に置いてボード選びをすると良いですよ。

 

ロングボードなどの長いサーフボードの場合、”保管や持ち運びが出来るか”も検討する材料になりますのでそこら辺も考えて購入してください。

 

くれぐれも、サーフボードを購入したけど”保管場所がない”といった展開にならないようにしてくださいね!w

 

ちなみに、どのサーフボードもしっかり乗れるまでに練習が必要になります。

 

上手くいかなくても、波に巻かれても、ローカルに怒られても、「凹まず、しつこく、楽しく」サーフィンを練習してくださいね!

 

関連:サーフィン初心者がローカルに注意すべきルールやマナーまとめ

 

あなたと海で会えることを楽しみにしています!!

 

 

ではでは今日もファンウェーブを期待して!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なみにのるひと , 2018 All Rights Reserved.