乗ったっていいじゃない・・・。サーファーだもの・・・。

サーフィンができる日本の人工ウェーブプールの場所や料金は?感想や口コミも?

2019/01/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

サーフィンは自然を相手にするスポーツなので基本的に”波がないとサーフィンは難しい”ですよね。

 

休みの日にサーフィンに行きたくても、波がないとパドリングや波待ちなどの練習しか出来ません。

 

初心者サーファーはパドリングや波待ちの練習が出来るとしても中・上級者の練習には厳しいです。

 

関連:サーフィン初心者の練習におすすめの波の高さは? サイズの種類と選び方のコツも!

 

そんなときに近くにあったら良いなと思うのが「ウェーブプール」ではないでしょうか?

 

天候や地形に左右されにくい人工の波によってサーフィンを楽しめるのであれば、サーフィンの上達スピードも劇的に上がりそうです。

 

でも日本でサーフィンができるウェーブプールって聞きませんよね?

 

そこで今回は日本のウェーブプールの場所や気になる料金について調べてみました。

 

 

サーフィンができる日本のウェーブプールの場所や料金は?


日本でサーフィンができる場所で有名だったのが宮崎のシーガイアリゾートにあった”オーシャンドーム”です。

 

しかし、お客さんの減少が続き、残念ながら2007年から閉鎖してしまったようですね。

 

それからしばらく日本でサーフィンできるウェーブプールはなかったようですが、2016年に新しい「人工サーフィン施設」が神戸にオープンしました。

 

・山の中にあるウェーブプールの”神戸レイーズ”

この記事を書いている2018年7月現在で、日本で唯一のサーフィンができるウェーブプールが、2016年にオープンした施設の”神戸レイーズ”です。

 

「みのたにグリーンスポーツホテル」の敷地内にある人工サーフィン場で、ホテルの敷地内には神戸キングスという人工スノーボード・スキーのジャンプ場もあります。

 

〒651-1252 神戸市北区山田町原野1-1 みのたにグリーンスポーツホテル敷地内
みのたにグリーンスポーツホテルのゲートを通過し100mのところを右折

TEL:078-595-7081

引用:神戸レイーズ様

 

神戸レイーズは2016年にオープンしたときは試験的な感じだったようで、ヒザ~モモの波が割れる初心者用の波だったようです。

 

サイズも小さい上に、塩水ではないので浮力が期待できないので、正直ショートボードでは乗るのが困難な気がします。

 

しかし、改良を重ねた結果、2018の5月のオープン再開時には”胸・肩”サイズになりました。

 

かなりの大幅サイズアップでこれならある程度のパワーも期待でき、どのサーフボードでも楽しむことができそうですね~。

 

で、神戸レイーズの気になる時間や料金なんですが、神戸レイーズさんから引用させてもらいましたので下記を御覧ください。

 

¥10,000/1人(別途簡易保険¥200)
見学入場料¥500-

 

第0.1.2セッション(1時間45分)
完全予約制 定員4名 月券利用不可

第0セッション 7:00~8:45
第1セッション 9:00~10:45
第2セッション 11:00~12:45

第3.4.5セッション(2時間45分)
予約不要 定員なし 月券利用可

第3セッション 13:00~15:45
第4セッション 16:00~18:45
第5セッション 19:00~21:45

引用:神戸レイーズ様

 

はい。

 

というわけで、神戸レイーズのウェーブプールでサーフィンをしようと思ったら1人10000円ということのようです。

 

毎回無料の海でサーフィンしている僕の感覚では、少々お高めのような気がします。

 

が、安定的に良い波やサービスを提供するには妥当な値段なのかもしれません。

 

第0セッションから第2セッションの時間は利用時間が1時間45分ですが、定員が4名という事で”順番に乗ればそれなりの本数が乗れそう”です。

 

一方、第3から第5セッションは2時間45分と長く楽しめますが、定員が決まっていない状態がこわいですね。

 

人数が少なければ良いけど、逆に人が多くて波に乗れなかったら相当割高になりそう。(汗)

 

仮に2本しか乗れなかったら”1本あたり5000円の波”の計算になってしまいますw(相当高級な波ですねw)

 

まぁ、おそらくそんなことはないとは思いますが(油断はできませんが)、確実に乗りたい人や、波を取る自信がない人は予約制を利用した方が良いかもしれません。

 

ちなみに、ボードに立つまではスタッフの人が付いてくれるようなので、初心者の人がサーフィンを始めるには良いきっかけになりそうです。

 

有料ですが道具のレンタルもしているので、何も道具がない人でも安心して始められそうです。(女性はレンタル無料らしいです)

 

 

レンタル 1日
ソフトボード 2000円
ウェット 2000円
マリンシューズ 500円
ウェット&ソフトボード&マリンシューズSET 3500円

引用:神戸レイーズ様

 

2016年のオープン時と値段もかなり変わっており、結構昔の値段をそのまま記載しているブログ記事も多いので利用する際は注意が必要です。

 

 

・値段が高いとの感想や口コミも?


神戸レイーズの料金ですが2016オープン時点では料金が1セッションあたり3200円ほどでした。(簡易保険料含む)

 

しかし、2018年7月現在では10000円(簡易保険料別途)です。

 

ん~、かなり値段が上がっていますね~w

 

実際に神戸レイーズのウェーブプールでサーフィンした人からも、高いという感想や口コミがチラホラと上がっています。

 

利用する側からしたらもうちょっと値段が安いと助かるんですが・・・。

 

ただ、品質の高い波や環境、供給する電力や働くスッタフの皆さんの費用を考えるとしょうがないんでしょうね。

 

言い方を変えると一定の値段が提示されていることで、変なサーファーが寄ってこない状態にもなりますから、平和で静かに練習したい人にはおすすめですね。

 

流石にウェーブプールにまで非常識なサーファーは出現しないでしょうからw

 

関連:サーファーがサーフィン中にムカつく事やあるある体験集!

 

ただ、果たして順番通りに乗るのか、海のように競って乗るのかは不明なので、それによっても料金の感じ方は変わりそうですね。

 

その他の感想や口コミですが、残念ながらあまり目立ったものがありませんでした。

 

やはりまだまだ認知度が低いんでしょうか?

 

2018年から波のサイズも胸・肩になったということなので、真夏に向けて利用者が増え次第に感想や口コミも多くなるかもしれません。

 

※2018年10月15日追記

公式のサイトの情報だと波のサイズが胸~肩としていますが、実際には腰~腹程度のようです。

 

実際に行った人のブログ記事があったので参考になるかもしれません。

 

『水槽』と『本』と『サーフィン』と…ときどき『キャンプ』様
盛りたくなるのはわかりますが、胸~肩と腰~腹はかなり違いがありますので、これはちょっと問題ですねw

 

初心者や初級者、中級者の練習には良いですが、上級者の人は物足りなく感じるかもしれません。

 

関連:サーフィンで初心者から中級者まで上達する方法は?目安とレベル別の違いまとめ

 

ちなみに、神戸レイーズの2018年の営業は9月30日で一旦終了とのことで、サイズアップのセッティングに入るそうです。

 

来年こそはもっとパワーのある波を期待したいですね!

 

 

2018年の8月に東京の品川大井町できる「Citywave」

2018年の8月11日開業予定の「スポル品川大井町」内にドイツ発のウェーブプールである「Citywave」がオープンする事になっています。

 

Citywaveとは川の流れを利用した「リバーサーフィン」をヒントに作られた人工波生成システムと言われています。

 

 

このCitywaveならわざわざ海に行かなくても気軽にサーフィンのライディングやターンの反復練習が可能ですよね。

 

未経験者がいきなり入れるかは不明ですが、インストラクターによるスクールも開講予定のようです。

 

子供から大人まで楽しめるし、サーフィンをやったことがない人でもサーフィンの一部を垣間見れることができるのではないでしょうか?

 

ただ、初心者よりもサーフィン経験者の練習用に適したもののように感じます。

 

サーフィンってボードが走る疾走感も楽しいさの一部ですが、果たしてこのCitywaveはどういった感覚なんでしょう?

 

滑っているけど、進んでないってのはちょっと不思議な感じがしてしまいますがw

 

波の高さ?も調整可能で、1.4m~1.6以上の間でライディングが出来るようです。

 

海で言うと胸・肩サイズって感じですね。

 

しかし、海と違ってキツいパドリングやドルフィンスルーをする必要もないので、体力に自信がなくても楽しめそうです。

 

しかも、上手い人と波を取り合う事もないのもパドリングに自信がない人には良いかもしれません。

 

関連:サーフィンのパドリングが遅い理由は?前に進まない時スピードを出すためのコツや方法を解説!

 

関連:サーフィンの波の取り合いで勝つためのコツやポイントは?置いていかれる原因と対処法

 

さて、では気になる料金ですが、実は料金はまだ未定のようなんです。(汗)

 

ただ、調べてみたら、海外のCitywaveの利用料金を元に大体の料金を算出したブログがありました。

 

あくまで予想ですが、そのブログによると1時間あたり5000円~6000円くらい”ではないかという感じでした。

 

2時間利用すれば大体10000円くらいになるので、上述した神戸レイーズと同じくらいにはなりますね。

 

道具がない場合は、おそらくこれにレンタル料金も加算される可能性があります。

 

やはり、結構いい値段がしますね~。

 

正直、会社や学校の帰りに毎回ふらっと寄れる金額ではないです。

 

逆に、徹底的に反復練習をしたいサーファーには、かなりありがたいウェーブプールとなりそうです。

 

オープンも間近ですので、このCitywaveが世間からどのような反応があるかとても楽しみです。

 

営業期間

2018年8月11日 から 2021年 (予定)

 

営業時間

10:00~23:00 (予定)

※種目により異なります。

※一部施設や時期により短縮や延長を検討しています。施設利用料入場無料。
各施設利用は有料で料金は種目により異なります。

 

アクセス

東京都品川区広町2丁目1-19JR京浜東北線「大井町駅」西口より徒歩約5分東急大井町線「大井町駅」より徒歩約5分東京臨海高速鉄道「大井町駅」より徒歩約5分

引用:スポル様

 

※2018年7月18日追記


citywaveの予約が8月3日からついに始まるようです。

 

利用時間や料金についても詳細が出ましたので載せて起きますね!

 

利用時間

全日 07:00 ~ 23:00
※日曜日は21:00まで

利用料金(1人あたり)

初心・初級者:6,200円

詳細 サーフボード、ウエットスーツ、ヘルメット(必要な方)、バスタオル、レッスン込み
人数 1セッション8名
時間 1セッション50分
対象 サーフィンの経験が無い方やサーフィン経験者でも立つ事が出来ない方、真っ直ぐしか進めない方

中級者:6,200円

詳細 サーフボード、ウエットスーツ、バスタオル、初期レクチャー込み、ご自身のサーフボード並びにウエットスーツを使用頂いてもOK
人数 1セッション12名
時間 1セッション50分
対象 サーフィンの経験が有りテイクオフ、ターンができる方

上級者:6,200円

詳細 サーフボード、ウエットスーツ、バスタオル、初期レクチャー込み、ご自身のサーフボード並びにウエットスーツを使用頂いてもOK
人数 1セッション12名
時間 1セッション50分
対象 サーフィンの経験が有り自由に板を動かす事ができる方、複数回City Waveを経験し板を自由にコントロールできる方

プライベート:64,000円

人数 1セッション最大12名まで
時間 1セッション50分(波の大きさは自由に設定出来ます)

キッズ:6,200円

詳細 サーフボード、ウエットスーツ、ヘルメット(必要な方)、バスタオル、レッスン込み
人数 1セッション8名
時間 1セッション50分
対象 小学1年~6年生(未就学児は不可)
サーフィンの経験が無い方やサーフィン経験者でも立つ事が出来ない方、真っ直ぐしか進めない方

※上記税込み価格となります。

引用:スポル様

予想されていた金額に近いものが出てきましたw

 

しかし、レンタル料金がとられると思っていましたが、道具も含めての料金のようです。

 

しかも、子供や初心者にはレクチャーも付いているということなので、子供や初心者にはかなりお得な感じがします。

 

サーフショップのスクールや体験に二の足を踏んでいた人も、citywaveならアウェー感が薄れていけるかもしれません。

 

ただ、ここでライディングを覚えたからといって、海でサーフィンをするのは注意が必要です。

 

基本となるパドリングやルールを学んでから海に入るようにしないととても危険です。

 

 

関連:サーフィン初心者のスクールの料金は?お試し体験の感想も

 

関連:パドリングを強化するトレーニングのやり方は?コツや上達法まとめ

 

関連:サーフィン初心者が始めにする準備やルールはなに?注意点と危険な行為まとめ

 

 

中・上級者のサーファーは50分という時間のうちどのくらい乗れるのかでお得度も変わってきそう”です。

 

毎日通える感じの料金ではないですが、入る時間帯の人数が少なければライディングの練習もかなりできそうですがどうなんでしょうか?

 

実際の海ではパドリングや波待ちの時間がほとんどです。

 

その時間が省かれた50分はかなり凝縮された練習になりお得に感じる可能性も十分にありますね。

 

ちなみに、プライベートってのは貸し切りのことのようです。

 

最大が12人ですので、人数が多いならプライベートにした方が一人当たりの料金が安くなり若干お得なようですよ!

 

あとプチ情報ですが、citywaveは冬季も営業するようです。

 

問い合わせたら年末年始以外は基本営業するとのことなので、冬の海に入りたくない人はcitywaveでライディングの練習をしても良いかもしれませんね。

 

 

※2018年8月18日追記

Citywaveが始まって2週間ほど経ちました。

 

ツイッターなどでもう少し話題になると思ったんですが、体験した感想も意外に少ないですね~。

 

やってみたい!などのツイートが非常に目立つので、皆さん興味はあるんでしょうが恐らく恥ずかしいのでしょうw

 

そんな中、積極的なユーチューバーは早速Citywaveを体験して感想を語ってくれています。

 

 

 

この動画を観ると初心者でも簡単にサーフィンの体験が出来ているのが分かります。

 

動画では泳げない人が多いようですが、スタッフの人も常にいるので溺れるといった心配もなさそうです。

 

関連:サーフィンは泳げない人でもできる? 初心者や泳ぎが苦手でも溺れない方法

 

これを観る限り初心者の人にはかなりおすすめのサーフィン体験だと個人的には感じています。

 

手ぶらで行けちゃうので道具の心配もないですし、お金さえ払えばメリットしかありません。

 

友達同士はもちろんですが、家族や会社でのイベントごとに利用しても絶対に盛り上がるでしょうね~。

 

一方で中・上級者サーファーの人だと楽しむというよりは、やはり”練習”というニュアンスが強そうです。

 

恐らく最初は楽しめるんでしょうが、海で波を取れるのならそっちの方が楽しそうに見えてしまいます。(個人的な意見です)

 

とは言いつつも、一度は体験したい施設ではありますね!

 

ちなみに、上に載せた動画では鼻に水が入ると言っていました。

 

鼻に入った水は抜かないと炎症を起こす可能性もあるので、しっかり抜くようにしてください。

 

詳しく書いた記事を載せときますので、行く予定のある人はチェックしておいてください。

 

参考:サーフィン後に鼻から海水が出るのは危険?水の抜き方や注意点も

 

 

千葉の木更津にケリーの「サーフランチ」?

引用:WSL ジャパン様

千葉県といえば2020年のオリンピックのサーフィン会場に決定した志田下ポイントがあります。

 

その千葉県の木更津に、サーフィン界の現役レジェンドサーファーのケリー・スレーターが手がけるウェーブプールの「サーフランチ」が建設予定のようです。

 

もう用地の売買も済んでいるようで、2019年の12月には完成させる予定のようです。

 

サーフランチのクオリティは、ウェーブプールでは世界最高峰とも言われています。

 

そのクオリティの高さから、2018年の9月には世界上位のサーファーのチャンピオンシップ(CT)の会場の1つとしても利用されたほどです。

 

上の動画は2018年5月に行われたWSLの多国籍チームイベントの様子ですが、波が良いのでプロの皆さんはとても楽しみながらライディングしていますね。

 

サーフランチは波の大きさや波の質も変えられるということで、一般のサーファーからプロまで楽しめる波が作れるようです。(現在も改良を重ねているみたいです)

 

オリンピック開催時に千葉にうねりがこなかった場合に備えているのでは?ということも言われています。

 

最近では備えているどころか、もしかしたら”そのままサーフランチでオリンピックが開催される可能性が高い”とまで言われています。

 

このサーフランチが完成すればいずれ一般サーファーにも公開されるはずですから、楽しみにしているサーファーも多いでしょう。

 

そんなサーフランチの料金についてですが、全然情報がなく分かりませんでした(汗)

 

ただ、ここまでのクオリティの施設ですので、それなりのコストもかかりますから、利用料金もそれなりに大きくなる可能性はありますね。

 

周辺をリゾート化して、ウェーブプール意外で収益を得るということも有り得ますから、現時点では利用料金や使用時間は全く未知数です。

 

しかし、この波がいつでも乗れるようになったら一般のサーファーのレベルもかなり底上げされそうですね~。

 

すぐに一般公開されるかは不明ですが非常に楽しみな施設ですね!

 

 

まとめ

以上、サーフィンができるウェーブプールについて書きましたがいかがでしたでしょうか?

 

神戸レイーズ意外はこれから詳細が決まるので、分かり次第小まめに更新していきたいと思っています。

 

ウェーブプールがドンドンできて改良が進めば、なかなか海に通えない人でもサーフィンの練習ができそうです。

 

また、ウェーブプールでのスクールも一般化してウェーブプールでサーフィンデビューという人も出てくるでしょうね~。

 

何にしても日本のサーフィン界がもっともっと盛り上がると良いですね!

 

 

ではでは今日もファンウェーブを期待して!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なみにのるひと , 2018 All Rights Reserved.