乗ったっていいじゃない・・・。サーファーだもの・・・。

サーフィンでテイクオフが遅い原因はなに?改善や対策方法は?

2019/01/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

パドル力が弱い時はテイクオフが遅く、なかなか波をキャッチできないので”難しい”、”つまんない”、”悔しい”と感じていることも多いです。

 

テイクオフを早くしたいのであれば、パドル力をまずはガッチリ鍛えなければなりません。(これが難しいんですが)

 

関連:サーフィンがつまらないのは難しいから?初心者の挫折率が高い理由と続ける方法は?

 

関連:サーフィン初心者がテイクオフを早く上達させる方法は?注意点も

 

しかし、何年も海に通っていて、筋トレもしっかりやって筋肉もついているのに”全然テイクオフが早くならない”と感じている人は他に原因があるのだと考えられます。

 

コレが間違いなく原因だ!と断言することはできませんが、僕が以前より格段にテイクオフが早くなった際に実際にやっていたことや感じたこと、そして試してたことをご紹介していきます。

 

 

テイクオフが遅い原因は?

 

サーフィン始めたばかりの初心者がテイクオフが遅いのはわかりますが、何年もサーフィンをやっていてテイクオフが遅いのは”何かしらの原因”があると考えられます。

 

では、どのような原因があるのか僕の経験を交えながら考えてみました。

 

 

・単純にパドル力が弱い

まずは初歩の初歩ですが、”パドル力が弱すぎて波に置いていかれる”パターンが考えられます。

 

パドル力が弱いと波のうねりのスピードについていけず、波に置いていかれて全然乗れません。

 

置いていかれるどころか、そもそも周りのサーファーとの波の取り合いに勝つことも出来ません。

 

関連:サーフィンの波の取り合いで勝つためのコツやポイントは?置いていかれる原因と対処法

 

実際のところ、波の良いポジションから乗れればパドル自体はそこまでしなくても大丈夫なんです。

 

波に乗るだけなら”波の力を利用すればそこまで難しいことではない”ということですね。

 

しかし、波がブレイクするまでにその”良いポジションまで全力でパドルする必要があります”。

 

ですので、パドル力が極端に弱いとテイクオフはかなり厳しいです。

 

パドル力が弱いと全然前に進まないのでベストな位置でのテイクオフが出来ず、テイクオフ自体が当然遅いものになりますね。

 

関連:サーフィンのパドリングが遅い理由は?前に進まない時スピードを出すためのコツや方法を解説!

 

関連:サーフィンで効率的な疲れないバドリングのコツや方法はあるの?使う筋肉の鍛え方は?

 

 

・立ち上がる動作が遅い

ボードが波に押されて滑り出しているのにモタモタして立たないでいると、あっという間に波は崩れてしまいます。

 

すでに波に押されてボードが走っているのにも関わらずスピーディーに立たないと、ボードを持ったまま垂直落下で巻かれてしまいます。(皆さん経験ありますよね?)

 

パドル力自体は波を捕まえられるくらいあるのに、

 

”立つ動作でモタついて巻かれている人”

 

”波が崩れきった後に立ってスープの上を乗っている人”

 

という人が結構多く、勿体無いな~といつも感じます。

 

おそらくこれは体重や筋肉不足、体幹が弱い事が関係しています。

 

 

・波に乗るポジションが悪い

波に乗るポジションが悪くてもテイクオフは遅くなります。

 

ポジションが悪いとなかなかボードが滑べりだしてくれないので、無駄にパドリングばかりして終わってしまいます。

 

良い位置で乗れば、その分パドリングはあまりしなくても”テイクオフが早くできる”環境が整います。

 

ですので、波待ちの際も良いポジションをキープするようにしましょう。

 

くれぐれも疲れたからって潮の流れのまま流されていてはいけません。

 

常にどこの位置が波に乗りやすいかを把握して、その位置をキープするようにしてください。

 

関連:サーフィンの波待ちの位置や姿勢は?方向転換のコツやルールも

 

 

テイクオフが遅いときの改善方法や対策方法は?

上述した原因は、僕が実際に経験したことや乗れない人をみて感じたことです。

 

これ以外にもボードの大きさやその他の小さな原因は沢山あると思います。

 

しかし上述したものが”根本的な原因としては大きい”のかなと考えます。

 

僕もまだまだテイクオフが遅いですが、昔のように”必死にパドルしても波を逃してしまう”ということはなくなりましたね~。

 

以下のことを気をつけたり改善、対策をするようになってからテイクオフが格段に早くなりましたよ!

 

 

・パドル力を単純に鍛える

本当に単純な答えで申し訳ないんですが、単純にパドル力を強くするとテイクオフはかなりスムーズになります。

 

スムーズにテイクオフ出来る位置への移動速度や単純にパドルの進む力がアップするからです。

 

僕は波がないフラットのときもパドリングするために海に入ってパドリングしたり、海に入れない日もゴムチューブやプールでしっかり筋トレもしていました。

 

関連:サーフィンで波がなくてフラットな時の練習方法は?室内や陸上でのトレーニングのコツも

 

ネットでは「筋トレは意味がない」って言っている人もいますが、それは毎日海に入れる環境がある人だけです。

 

海に入れない時に筋肉を使っているかいないかで結構パドルの質や持久力がだいぶ変わります。

 

全く何もやらない”0”と筋肉を少しでも動かす”1”は同じなようでも確実に違いますからね~。

 

少しでもサーフィンする筋肉を刺激できれば筋肉の衰えも防げるので間違いなくやったほうが良いと個人的には思っています。

 

関連:パドリングを強化するトレーニングのやり方は?コツや上達法まとめ

 

しかも、今やプロサーファーも陸トレや筋トレをするくらいですから、やって当然のような感じにはなってきた感じがします。

 

サーフィンの基本となるパドル力を高めたいなら、海でのパドルと陸で筋トレはした方が良いですね。

 

ちなみに、パドリングで必要な筋肉は個人的には遅筋だと思います。

 

ですのでトレーニングをする際は遅筋を鍛える意識を持つと良いかもしれません。

 

関連:サーフィンで筋肉はつく?サーファーには遅筋と速筋のどっちが必要?

 

 

・体幹を鍛える

体幹を鍛えるとテイクオフが驚くほど安定してきます。

 

体幹を鍛えるほどテイクオフの時に”ブレない”感じが実感できます。

 

ボードが滑り出したときも”ゆらゆら”しないでテイクオフの際もスッと立てるようになります。

 

そもそもテイクオフする時にブレるのはパドルしている段階でブレていることが多いです。

 

パドル中にブレている人は、やはりテイクオフも遅いかテイクオフが出来ずにパーリングしています。

 

関連:サーフィンでパーリングする原因や克服するコツまとめ!怪我を防ぐ方法も

 

このサーフィンで重要な体幹を鍛えるには、ヨガやバランスボールが効果的と言われています。

 

そのためプロサーファーや多くのサーファーが取り入れていますね。(僕はやっていませんが周りのサーファーは結構やっている様子)

 

バランスボールも近々購入する予定なので、使い心地や効果はまた別な記事でアップします。

 

 

ちなみに、現在はアブローラーを愛用しています。

 

 

シンプルだけどマジで効きます!

 

アブローラーは”コロコロ”や”腹筋ローラー”とも呼ばれているものですね。

 

腹筋、背筋、肩周りと体の上半身の大部分を鍛えられ体幹もかなり鍛えられます。

 

とてつもなくシンプルな道具ではありますが、しっかり”継続”出来れば体幹が鍛えられてとてもシャープ筋肉を作れますよ。(逆に続けないと意味がありません)

 

ただ、この継続が凄く難しいんですけどね(汗)

 

僕はこれを続けるようになってから”サーフィン中のブレが激減”してテイクオフがスムーズに出来るようになって感動しました。(半年続けてからの話ですが)

 

体の安定感が増しますので是非皆さんにも体感してもらいたいですね。

 

 

・体重の管理をする

体が重いとパドル力があってもなかなか前に進みません。

 

また、立ち上がるのが遅いのも体重が重すぎる可能性があります。

 

僕も体重管理をして体重を落としてからテイクオフが恐ろしく楽になりました。

 

今現在テイクオフが遅くて辛い人は、体重を落とすだけでだいぶ楽にテイクオフが出来るようになるかも知れません。(もちろんパドル筋も必要です)

 

ただし、ここで気を付けたいのが”ただ体重を落とすのではない”と言うことです。

 

大事なのは”いかに筋肉を残して脂肪を削ぎ落とすか”ということで、これがテイクオフを早くする鍵になります。

 

暴飲暴食を控えることは当然として、サーフィンする前後の食事や飲み物にも工夫する必要があります。

 

参考:サーフィン前の食べ物や飲み物のおすすめは?食事のタイミングも

 

参考:サーフィン後の食べ物や飲み物のオススメは?食事のタイミングも

 

タンパク質を多めに摂取して糖質を抑えるなど生活をしたうえで、筋トレやサーフィンをすることで意外と簡単に贅肉は削ぎ落とされます。

 

ダイエットでも注目されているサーフィンは続ければ自然と引き締まってきますので、後は食事に気を付けると余分な体重はなくなることが期待できますね。

 

関連:サーフィンのダイエット効果や消費カロリーは?痩せるための食事法やトレーニングも

 

余談ですが僕が体重を落とすのに1番効果があったのと感じたのは”断酒”ですかね~。(ただこれが1番精神的に辛かったw)

 

おそらく肝臓とかが関係していると思うんですが断酒の効果は目に見えて分かって面白かったです。

 

とくにお腹周りのお肉と顔のむくみが驚くほど取れたのが印象深かったです。(個人差があると思いますが)

 

体が重くてテイクオフが遅いと感じる人は体重管理をすることで、劇的に変わる事ことも期待できますので是非試してみてください。

 

 

まとめ

何事もそうですが問題には原因があるもので、テイクオフが遅いのにも原因が隠れています。

 

その原因を見て見ぬふりしていてもテイクオフが早くなることはないですので、1つずつ洗い出して改善していく必要があります。

 

今回書いたことは僕の経験による一例です。

 

ですが、テイクオフが遅い原因としてあなたに少しでも当てはまるなら改善しないとテイクオフは遅いままで波も乗れることはないでしょう。

 

テイクオフを早くしてサーフィンを楽しむためにも上述した対策を少しでも日常の生活に取り入れて活用して下さい!

 

テイクオフが早くなるとサーフィンがもっと面白いものになり景色が変わりますよ!

 

ちなみに、

 

「サーファーが多くてテイクオフ出来るチャンスすらない」

 

という人は、まずはサーフィンする場所から見直してみるのもおすすめです。

 

練習場所については下にまとめましたのでぜひ記事を参考にしてください。

 

参考:サーフィン初心者が練習場所を選ぶコツは?上達スピードは時間帯や時期でも変わる?

 

ではでは今日もファンウェーブを期待して!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なみにのるひと , 2018 All Rights Reserved.