乗ったっていいじゃない・・・。サーファーだもの・・・。

バニラエアでサーフボードは持ち込みできない?手荷物としての料金はいくら?

2019/01/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本の格安航空会社の1つであるバニラエア。

 

そのバニラエアを使用してサーフトリップに出かける予定を立てているサーファーも多いでしょう。

 

サーフトリップでバニラエアのような格安航空会社を使用する際に、

 

「サーフボードを持ち込めるのか?」

 

「持ち込んだときの料金はどのくらいか?」

 

ということが気になりますよね。

 

仙台出身の美人プロサーファーの高橋みなとさんもバニラエアを活用しているようです。

 

関連:高橋みなとはサーフィンが上手い?インスタのかわいい画像と彼氏や結婚についても

 

関連:高橋みなとのサーフィンでのスポンサーはどこ?使っているサーフボードやモデルについても

 

そこで今回はバニラエアでサーフトリップする際の、サーフボードのあれこれについて書いていきたいと思います!

 

 

バニラエアでサーフボードは予約しないと持ち込みできない?


まず、バニラエアへのサーフボードの持ち込みは、予約なしでも国際線、国内線とも可能です。

 

バニラエアでは3辺(縦+横+高さ)の合計が203cmを超える場合は定形外サイズとなり、持ち込みに料金が発生します。

 

ショートボードでも3辺の合計が203cmを軽く超えてしまうため、定形外サイズ料金は必ず支払わなければいけないと言うことですね。

 

注意したいのは、1辺の長さが200cmを超えるものは、たとえ超過料金を払ったとしても預かれない場合があるということです。

 

荷物を運ぶ際のスペースがなければ、サーフボードの預かりを拒否される可能性もあるということですね。(汗)

 

 

・持ち込む際には予約がおすすめ

そこでバニラエアでおすすめしているのが持っていくサーフボードのサイズの事前連絡です。

 

サーフボードは梱包したあとに、

 

3辺(縦+横+高さ)のサイズ・重さ・個数などを計測して予約センターに確認連絡して下さい。

 

ショートボードも梱包次第では200cmを超える場合がありますので、その場合は予約センターに連絡しておいたほうが良いです。

 

ちなみに、飛行機にサーフボードを持ち込みして破損するサーファーは多いです。

 

サイズを小さくするために、梱包を手抜きすると目的地に着いて破損していたなんてことにもなりかねませんので梱包はガッチリとやっておきましょう!

 

参考:飛行機にサーフボードを持ち込みすると破損する?サーフトリップでの梱包方法は?

 

 

・スペースがあればロングボードも手荷物としてOK!

2018年11月1日追記です。

 

バニラエアさんに直接問い合わせてみたら、梱包後の1辺の長さが300cmを超えなければ手荷物として預けることが可能なようです。

 

これならロングボードも預けることができそうですね~。

 

で、1辺の長さが300cmを超える場合は、貨物室のスペースの関係もあるので事前の確認連絡が必要とのこと。

 

ですので、300cmを超えてもスペースに余裕があれば、持ち込みしても大丈夫な可能性もあります。

 

ちなみに、1辺の長さが300cmまでいかなくても、200cmを超えた時点でやはり連絡はほしいらしいです。

 

理由は、多くのお客さんにスムーズに搭乗してもらうために、空港と予約センターで連携をしたいからだそうです。

 

連絡する際には予約番号とあわせて、梱包後の3辺のサイズ・重量・個数を連絡すればOKということですよ!

 

バニラエアさん、とても真摯な返答ありがとうございました!

 

 

手荷物として預けるときの料金は?


今度はサーフボードを手荷物として預けるときの料金を見ていきましょう。

 

バニラエアではエリアごとで定形外荷物にかかる料金が変わります。

 

エリアと金額は以下の通りになっています。

 

エリア1:¥2,000

東京(成田)=札幌 / 函館/ 奄美大島 / 沖縄 / 石垣、
大阪(関西)=奄美大島、沖縄=石垣

 

エリア2:¥3,000

東京(成田)=台北 / 高雄、大阪(関西)=台北、福岡=台北

 

エリア3:¥4,000

東京(成田)=香港

 

エリア4:¥2,000

沖縄=台北

 

これは1個当たりに適応される金額で、個数が増えれば単純に金額も倍になります。

 

 

・総重量に注意!


バニラエアでのサーフボードの持ち込み料金は上述した通りですが、バニラエアでは重量にも注意しないと割高になってしまう可能性があります。

 

バニラエアの運賃タイプには、

 

・コミコミバニラ

・シンプルバニラ

・わくわくバニラ

 

3タイプがあります。

 

コミコミバニラはサーフボードとスーツケースなど預ける荷物の総重量が20kgまで無料となっています。

 

一方、シンプルバニラとわくわくバニラのプランでは20kgまでの荷物で、

 

エリア1:¥2,000

エリア2:¥3,000

エリア3:¥4,000

エリア4:¥2,000

 

の料金が発生してきます。

 

サーフボードを預ける際には絶対に発生する料金なので、料金の差が大きくないのであればコミコミバニラのほうが面倒がなさそうです。(個人的意見です)

 

それにサーフトリップに長期で行くときは、サーフボードのほかにスーツケースなども預ける可能性が大きいので、コミコミバニラで予約しておいたほうが良いかもしれませんね。

 

しかも、シンプルバニラとわくわくバニラは急遽預ける手荷物が発生した場合、予約センターか空港カウンターで手続きが必要になりますが、

 

予約センターで1000円、空港では2000円もの手数料が発生するという恐ろしい事実も存在しますw

 

インターネットでの予約の際は無料ということなので、シンプルバニラやわくわくバニラで航空チケットを予約した人は荷物の予約も忘れずに行わないとかなり割高ということになります。

 

で、更に気を付けたいのが預ける”荷物の総重量”です。

 

3つの運賃タイプとも預ける荷物の総重量が20kgを超えた時点で、5kgごとに全エリアとも1000円ずつの超過料金が発生してきます。

 

超過料金に加えて空港カウンターでの手数料2000円も発生してくるので、コミコミバニラの人も油断はできませんね~。

 

仮にシンプルプランで成田から沖縄まで行くとして、荷物の手続きをせずに総重量も23kgぐらいになっていたら、

 

2000円(サーフボードの定形外の料金)+2000円(手荷物にかかる料金)+1000円(重量超過分)+2000円(空港カウンター手数料)=7000円

 

というかなり割高料金になってしまいますねw

 

空港に着いてから悔しい思いをしないためには予約する際に、”運賃タイプの把握とサーフボードと手荷物の重量を計測して事前に料金を払っておく”ことが大切です。

 

サーフトリップに頻繁に出かける人、無駄な料金を絶対に払いたくない人は、自宅で荷物の重量を正確に計測出来る”ラゲッジチェッカー”を購入しておいても良いかもしれませんね。

 

 

空港で無駄な料金を払わないために!

 

航空会社によっては膨大な超過料金を請求するところもあります。

 

そこにお金を使っては旅自体に支障をきたすので、未然に防ぐことが大切です。

 

 

まとめ

格安航空会社のバニラエアにサーフボードを持ち込みする際の要点を簡単にまとめると、

 

  • サーフボードの梱包はしっかりする。
  • 梱包後の1辺の長さが200cmを超えるときは予約センターに確認の連絡をする。
  • 3つの運賃プランの把握。
  • コミコミバニラ以外はインターネットで事前に手荷物料金を払っておく。
  • どの運賃プランも総重量に注意する。

 

と、こんな感じですね。

 

とくに空港カウンターでの手数料とか無駄に払いたくないので、そこはしっかり注意する必要がありますね。

 

ほかの航空会社についても別の記事でまとめていますので、そちらも参考にして最高のサーフトリップに出かけて下さいね!!

 

参考:飛行機へのサーフボード持ち込み料金の航空会社別まとめ!サイズと重量で値段は変わる?

 

参考:ピーチ航空(Peach)のサーフボードの飛行機手荷物料金は?予約などの注意点はある?

 

※航空会社のルールや料金体系は頻繁に変わるので最後はご自身での確認がとても大切です!

 

 

ではでは今日もファンウェーブを期待して!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なみにのるひと , 2018 All Rights Reserved.